中途採用支援を受けるメリットとは

中途採用枠を拡大する会社が、年々増加傾向にあります。こうした背景には、少子高齢化に伴う労働人口の減少と、長期的な不況に伴う大規模なリストラの余波が、各企業に押し寄せたことによる要員不足があげられます。各企業において、中途採用枠を拡大する目的は、要員不足の解消は当然として、即戦力となる人材を確保したいことが最も大きなものです。これに対して、様々な事情を理由に会社を退職し、非正規社員として生計を立てている人も少なくありません。こういった求職者にとって、中途採用枠の拡大は大きなチャンスであり、自分が得意とする分野の職種で活躍したいと願っています。こういった、求人を募集している会社と求職者を結び付ける中途採用支援サービスが注目を集めており、多くの成果を上げています。

求人を募集する会社におけるメリット

中途採用を行いたいと考えている会社は、ハローワークや一般の求人サイトに求人広告などを出稿し、応募者を募っていますが、新卒者と異なり不定期に募集する中途採用では、会社説明会などのイベントも開催が困難であり、なかなか応募者が集まらないのが現状です。こういった問題を解消するため、中途採用支援サービスでは、その会社が必要とする人材の絞込みやターゲティング、さらには募集広告の出向先や中途採用者を対象としたイベントの開催などを提案しています。また、中途採用支援サービスでは、求職者を常時募集していますので、自社の条件に合致した求職者が表れれば、仲介してくれることもあります。これらのサービスを活用することで、会社は採用コストを極限まで抑え、会社にとって即戦力となる人材を効率よく採用することが可能となるのです。

中途採用に応募する休職者におけるメリット

休職者にとって、一番大切なことは、自分のスキルに合致した職場をできる限り早く探し出すことです。しかしながら、一般の求人サイトでは、表面的な労働条件しかわかりません。また、表面に出てこない職場の雰囲気や入社後に困ったことがあった場合の相談先など、不安になる要素がたくさんあります。中途採用支援サービスでは、求職者に対しスキルに合致した職場を紹介するほか、表面ではわからない職場の風土などの情報提供を行うほか、採用後の相談窓口を設け、求職者が職場に定着できるまでのケアを行います。さらには、求職者が希望する労働条件について、会社側と交渉することもあります。つまり、本気で中途採用にチャレンジしようと考えている、求職者にとって万全のバックアップ体制をとってくれるサービスを展開しているのです。